SPAとPAの違いとは?

SPFとは「日焼けによって肌が赤くなる時間をどれだけ延長できるか」を数値化したもの

UVBという紫外線の日焼けによって肌が赤くなる時間をどれだけ延長できるかを示した指標が「SPF」です。

 

実は紫外線にはUVAとUVBの2種類があり、UVBはひりひりとした日焼けやしみ、そばかすの原因になります。
暑い日に日差しを浴びると肌が赤くなったり、黒く日焼けをしたりしますよね?

 

UVAとUVB

 

これがUVBによる影響です。

 

一方、UVAは刺激は弱いですが、肌の奥まで届きやすく長期的に浴び続けているとしわやたるみの原因になります。

 

よく「紫外線を浴び続けているとしわやたるみの原因になる」と言われているのは、UVAという肌の奥まで届く紫外線を長期間浴び続けることが原因なんです。

 

日焼けの仕組み

 

SPFという数値が高くなるほどUVBによる日焼けを遅らせる効果が高く、SPF50が最高のレベルです。
例えば、UV-Bを肌に当てた時20分で肌が赤くなる人がいたとします。

 

この人にSPF50の日焼け止めを塗ると、20分×50=1000分間 肌が赤くなるのを遅らせることができます。
1000分間は約16時間半なので朝6時に塗ったとしたら夜10時まで効果が持続することになります。

 

但し、この実験は日焼け止めの適量と言われている皮膚1cm2に2mgの厚塗りの状態で測定したものなので、この16時間半の間に適量を使用していることや汗で日焼け止めが落ちていないことが条件です。

 

UV-Bは地上に降り注ぐ全紫外線量の10%しか占めておらず、皮膚の比較的浅いところまでにしか届きません。
しかし、UB-Aよりも刺激が強く、日焼けによる赤みや水膨れ、大量に浴びると皮膚がんの原因となります。

 

PAとは「紫外線の防止効果の強さ」

PAとは「Protection Grade of UV-A」の略称で、UV-Aの防止効果の程度を表しています。
SPFとの違いは数値ではなく「+」という記号を用いて防止効果を示していることです。
PAは、PA+、PA++、PA+++、PA++++の4段階です。

 

防止効果は以下の通りです。

 

「PA+」UV-A防止効果がある

「PA++」 UV-A防止効果がかなりある

「PA+++」UV-A防止効果が非常にある

「PA++++」UV-A防止効果が極めて高い

 

UV-Aは地上に降り注ぐ全紫外線量の90%を占め、雲やガラスを通過して屋内にも届きます。

 

曇りや雨の日に日焼け止めを塗らなかったら黒く日焼けをした経験はありませんか?
その日焼けはUV-Aによるものなのです。

 

天気や屋外・屋内にも関係なく届くので、毎日のケアが必要になります。

 

このようにガラスをも通過できる紫外線なので、人間にとっても皮膚の奥深くまで届きます。

 

皮膚の深い部分には弾力やハリを保つ膠原線維(こうげんせんい)や弾力線維があり、UB-Aによって変性することで肌の弾力・ハリがなくなります。
また、シミ・シワにもつながります。

 

simisiwa

 

最初から高い数字のものを買うのがベスト

初めて買うので何を使えば良いかわからない、という方は SPFの数値が高いものを先に使ってみることをおすすめします。

 

しかし、SPFの数値が高いほど紫外線ブロック効果とともに肌への刺激も高まります。
SPF50の日焼け止めには「紫外線吸収剤」という刺激の強い成分が含まれています。

 

ですので、SPF50を使ってみて肌への負担を感じたらすぐ使うのをやめてください。

 

かぶれやかゆみが出てしまったら、あなたの肌に紫外線吸収剤が合わないのかもしれません。

 

そんな時は、SPF30程度のものにするか紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」商品を使ってみましょう。

 

ノンケミカルの日焼け止めは低刺激で肌に優しいですが、紫外線吸収剤を使っていない分だけ紫外線ブロック効果が弱くSPF値が低いものが多いのが特徴です。
しかし、最近はSPF30程度のものも売られるようになってきましたので、SPF30のノンケミカル商品をおすすめします。

 

同じSPF値でもメーカーやタイプ(乳液タイプやジェルタイプなど)によって肌に合う合わないが出てくるかと思います。

 

自分に合う日焼け止めが見つかるまでは1回使っては捨て、また違うのを1回使っては捨て…の繰り返しです。

 

肌荒れもするし、お金もかかるし、見つかるまでは日焼け止めなしの生活になりますが、妥協せずお気に入りの1本を見つけてください。

 

近頃は日焼け止めのテスターを置いているドラッグストアもあるので有効活用してみてください。
できれば、紫外線が強くなり始める前に日焼け止め探しを始めることをおすすめします。

 

紫外線は季節によって量の差はあるものの1年を通して降り注いでいます。
また、紫外線が地球に届くのを遮ってくれるオゾン層が減少しているので、今後さらに紫外線量は増えます。
紫外線ケアが今以上に重要視される時代が来ているのです。

 

用途によって使い分けましょう

日焼け止めはSPF値が高くなるほど、PAの+が多くなるほど紫外線ブロック効果が高くなりますが、効果が高くなるほど肌への負担も大きくなります。

 

紫外線による肌への悪影響も考えつつ、日焼け止めによる肌へ負担をできるだけ減らしましょう!

 

ちょっとゴミ捨て目的で外へ出る時にSPF50は大げさ…という感覚はご理解いただけると思います。

 

用途に合った日焼け止めを使い分けることが肌の負担を軽くする秘訣です。
それではSPFとPAの使い分けをご紹介します。

 

SPF10〜20、PA+(++)

 

散歩やちょっとした買い物などの日常生活

SPF20〜30、PA++(+++)

屋外での軽いスポーツ・レジャー

SPF30〜50、PA+++(++++)

炎天下でのレジャー、マリンスポーツ

 

海や山の紫外線の強い場所に行くならSPF50程度、散歩から出勤などの日常生活ならSPF30程度のものを選ぶと良いでしょう。

 

あまり細かく使いわけるのも大変なので、SPF50とSPF30の2つがあればカバーできます。