顔用の日焼け止めおすすめランキング

1位

 

ミルキーフルイド

 

ポーラ ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド

  • 価格:4,104円
  • ウォータープルーフ
  • ノンケミカル
  • SPF30 PA+++

顔用なら断然コレ!肌へのやさしさはピカイチです。赤ちゃんや子供にも使えるほど。クレンジング不要。
ボタン

 


 

2位

ロべクチン

 

ロべクチンプレミアム UVディフェンス

  • 価格:5,980円
  • ウォータープルーフ×
  • ノンケミカル
  • SPF50 PA+++

パラベンフリー、無香料無着色、石油系成分0でSPF50!
ボタン


 

3位

アスタリフト

アスタリフト パーフェクトUVクリアソリューション

  • 価格:1,000円
  • ウォータープルーフ
  • 顔用
  • SPF50 PA++++

富士フィルムの顔用の日焼け止めです。トライアルセットでの購入がおすすめ。
ボタン


 

4位

 

ビオレUV さらさらブライトミルク

 

ビオレUV さらさらブライトミルク

  • 価格:3.780円
  • ウォータープルーフ
  • 顔用
  • SPF30 PA+++

顔に塗る日焼け止めならコレ!紫外線吸収剤フリーで肌に優しいです。
ボタン

 


 

5位

サンメディック

サンメディック UV 薬用デイプロテクト(マイルド)

  • 価格:500円
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA+++

ビオレの日焼け止めの中で一番人気!水や汗に弱いので頻繁に塗り直しが必要です。
ボタン


 

6位

サンスクリーン

サンスクリーンミルク UVマイルド

  • 価格:1.620円
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA+++

紫外線吸収剤不使用でSPF50を実現した日焼け止め。セラミドで保湿しながらUVからお肌を守ります。
ボタン


顔用の日焼け止めの選び方

顔用の日焼け止めを選ぶ時のポイントを解説します。

1、なるべくSPFの高いものを

顔は体のなかで一番紫外線の当たりやすい部分です。
特に頬骨は顔の中で高くなっているため紫外線の影響を受けやすく、年齢を重ねた女性のこめかみの下あたり(目じり付近)には必ずと言って良いほどシミがあります。

 

ですので、なるべく紫外線をブロックする効果の高いSPF50程度の日焼け止めを選びましょう。

 

SPFとは日焼けによる肌の赤みや水膨れを引き起こすUV-B(紫外線)を防ぐ効果を表す数値です。

 

 

SPFの数字の大きさは10からSPF50+まであります。敏感肌の方はSPF30程度でノンケミカルの刺激の弱い日焼け止めをおすすめします。

 

2、保湿成分の入っているものを

日焼け止めを使って肌が乾燥した経験はないでしょうか?

 

「日焼け止めを塗ってから少し時間が経つと皮脂や日焼け止めの油分で顔がテカテカになるけれど、肌自体は乾燥している。」

 

「夜に日焼け止めを落とした後や、朝に顔を洗った時にいつもより乾燥している。」

 

このように日焼け止めを塗っている最中の他に、日焼け止めを落としている時にも普段より乾燥を感じる方もいると思います。

 

では、そもそもなぜ日焼け止めを使用すると肌が乾燥するのでしょうか。
日焼け止めは主に「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2つで構成されています。

 

紫外線吸収剤は石油由来の合成成分で作られており、肌の奥へ紫外線が届く前に紫外線を吸収し外へ逃がします。

 

紫外線散乱剤は金属成分で作られており、紫外線を反射させることで肌へ紫外線が届かないようにします。
このように紫外線を吸収・反射することで肌を紫外線から守っているのが日焼け止めです。

 

しかし、紫外線吸収剤は紫外線反射剤に比べて肌への刺激が強く肌の乾燥やかぶれの原因になってしまします。
日焼け止めを塗って肌荒れをする人の多くが紫外線吸収剤によるものとされ、「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル(紫外線散乱剤のみの配合)」と表示した商品が開発されました。

 

また、紫外線吸収剤による乾燥の他に以下のような原因もあります。

  • 日焼け止めを落とす専用クレンジング剤による乾燥
  • 日焼け止めがきちんと落ちていないことによって引き起こされる乾燥
  • 正しい日焼け止めの塗り方をしていないため、肌が日焼けして発生した乾燥

 

日焼け止めを塗っている期間はさまざまな理由から乾燥しますが、乾燥は肌にとって悪いこと。
具体的に言うと保湿の重要性は3つあります。

 

乾燥状態は肌のターンオーバー(新陳代謝)サイクルの乱れのもと

ターンオーバーサイクルが乱れると、古い角質がいつまでも肌に残り全体的な肌のトーンが下がり老けて見えます。
しっかり保湿された肌はターンオーバーが正常で明るくみずみずしい印象になります。

 

肌のバリア機能を保つ

バリア機能が低下すると、ニキビや小じわ・くすみの原因になります。

 

熱いお湯や刺激の強い洗顔料によって一時的に皮脂が落ちてしまった時のカバー

保湿の重要性は理解できるけれど、日焼け止めを塗らないわけにもいきません。

 

そこでおすすめしたいのが、紫外線ブロックと保湿の両方ができる日焼け止めです。
「保湿成分配合」と表示されている他、成分表示でも確認できます。
保湿効果のある成分は、ヒアルロン酸、コラーゲン、シアバター、セラミド、植物エキス、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、ローヤルゼリーエキスなどです。

 

3、化粧下地を兼ね備えているものが便利

最近では化粧下地を兼ねた日焼け止めもあります。

 

今まで日焼け止め→化粧下地、と2回顔に塗っていたものが1回で済むので大変便利です。

 

また、お使いの顔用日焼け止めの種類によっては上から化粧下地を重ねづけするとベタベタになるなど相性を考える必要もありました。
ベタベタするからと言って、日焼け止めの量を減らしては紫外線から守る効果が弱まり本末転倒です。

 

しかし、化粧下地を兼ねた日焼け止めを使えば化粧下地との相性を考える必要もなく手間・時間を省くことができるのでおすすめです。

 

顔用の日焼け止めを使う順番

メイク時の顔用日焼け止めを使う順番をご紹介します。

 

洗顔→化粧水→乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデーション の順番です。

 

日焼け止めと化粧下地の塗る順番がわからないという方もよくいますが、化粧水から日焼け止めまでがスキンケア、化粧下地からがメイクと考えると覚えやすいと思います。
また、化粧下地は次に塗るファンデーションの発色や着き・持ちを良くする効果があるので、化粧下地→日焼け止め→ファンデーションの順に塗るとファンデーションの発色・着き・持ちが悪くなります。

 

まとめ

顔用の日焼け止めを選ぶポイントは3つ。

  1. 紫外線ブロック効果の高いSPFが高いものを。
  2. 保湿成分配合のものを選び、肌を乾燥から守る。
  3. 化粧下地と一緒になったものを使い、手間・時間を省く。

 

顔用の日焼け止めを上手に選び、美肌を保ちましょう!