SPF50のおすすめ日焼け止めランキング

1位

 

ホワイティシモ

 

ポーラ ホワイティシモ

  • 価格:4,104円
  • ウォータープルーフ
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA++++

大手メーカー「ポーラ」の無香料の日焼け止め。ウォータープルーフなのにクレンジング不要。ボディソープで簡単に落とせます。
ボタン

 


 

2位

ロべクチン

ロべクチンプレミアム UVディフェンス

  • 価格:5,980円
  • ウォータープルーフ×
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA+++

パラベンフリー、無香料無着色、石油系成分0でSPF50なので普段使いにもOK!
ボタン


 

3位

 

ビオレUV さらさらブライトミルク

 

ビオレUV さらさらブライトミルク

  • 価格:3.780円
  • ウォータープルーフ
  • 顔用
  • SPF30 PA+++

顔に塗る日焼け止めならコレ!紫外線吸収剤フリーで肌に優しいです。
ボタン

 


 

4位

さらさら

ビオレ さらさらUV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+ PA+++

  • 価格:500円
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA+++

ビオレの日焼け止めの中で一番人気!水や汗に弱いので頻繁に塗り直しが必要です。
ボタン


 

6位

キュレル

キュレル UVローション SPF50+ PA+++

  • 価格:1.620円
  • 体・顔兼用
  • SPF50 PA+++

紫外線吸収剤不使用でSPF50を実現した日焼け止め。セラミドで保湿しながらUVからお肌を守ります。
ボタン


 

7位

アネッサ

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター

  • 価格:3.240円
  • 体・顔兼用
  • SPF50+ PA++++

人気のアネッサの日焼け止め。添加物が多いのがネック。。。
ボタン


 

SPF50の日焼け止めを選ぶうえでの2つのポイント

山や海などの紫外線の強い場所へ行く時や炎天下で長時間作業する時など、
「日常で使うよりも効果の高い日焼け止めが欲しい!」
という方へSPF50の日焼け止めを選ぶ時のポイントをご紹介します。

 

日差し

 

1、ウォータープルーフのものを選ぼう!

SPF50の日焼け止めを使うシーンというのは、おそらく炎天下での作業で汗をかきやすい環境や海に入るなど日焼け止めが落ちやすい環境だと思います。

 

せっかく塗った日焼け止めが汗や水で落ちないようウォータープルーフのものを選びましょう!

 

ウォータープルーフの効果

 

ウォータープルーフの日焼け止めは、シリコンの油・水に溶けないという性質を利用しています。
シクロメチコンやジメチコンが日焼け止めに使われる代表的なシリコン成分です。

 

その他、汗や水に触れると紫外線をブロックする膜が強くなるという技術を自社開発して使っているものもあります。

 

また、ウォータープルーフの日焼け止めも全く落ちないというわけではありません。
こまめに塗り直すことでより完璧に日焼けを防ぐことができます。

 

ちなみに、ウォータープルーフの日焼け止めはそうでないものに比べて白浮きしやすいように思います。
商品によっては水に浸かるとより白くなるという声も。
この白浮きの原因は“紫外線散乱剤”です。

 

日焼け止めは紫外線を吸収して外に逃がす“紫外線吸収剤”と、紫外線を反射させる“紫外線散乱剤”の2つで構成されています。
紫外線散乱剤は主に酸化チタンや酸化亜鉛などの微細な金属類が成分です。

 

どうしても白浮きが気になるという方は“紫外線吸収剤”がメインに使用されている日焼け止めを選びましょう。

 

ただし、日焼け止めで肌荒れをする人の大半は紫外線吸収剤が原因と言われ、紫外線ブロックの効果は強いですが肌への刺激も強いのが特徴です。
「ノンケミカル」という紫外線吸収剤不使用の商品もあるほど。

 

紫外線吸収剤メインの日焼け止めを使っても平気な方もいますので、もし使う時は念のためパッチテストをしてから使いましょう。

 

そして、SPF50の日焼け止め全般に言えることは肌への負担が大きいことです。
一般的にSPFの数値が高くなるほど肌への負担も大きくなります。

 

SPF50の日焼け止めでかぶれや肌荒れがあった場合は、症状がよくなるまで待ってからSPF50の「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」表示のあるものに変えてみましょう。

 

日焼けも怖いですが、肌がおかしいと思ったら決して我慢しないですぐに使用を中止してください。

 

特に脱毛後や月経前は肌がデリケートになっていて、普段使っていた日焼け止めでも肌荒れをすることがあります。
ドラッグストアに行けばわかるように日焼け止めの種類は豊富にありますので、自分の肌に合う1本を探してみましょう。

 

2、石鹸やボディソープで簡単に落ちるものを

ウォータープルーフの日焼け止めは汗や水に強い日焼け止めです。

 

逆に言うと、お風呂に入って洗い流したい時には落ちにくいということです。
種類にもよりますが専用のクレンジング剤を必要とするものもあります。

 

体に塗った時は広い面積をクレンジング剤で洗うのは大変であったり、うっかり買い忘れたときには落とせなくなります。

 

クレンジング剤が肌への負担になる方もいるようです。
これに対し石鹸やボディーソープで落とせるタイプのウォータプルーフもあり、大変楽ちんです。

 

ボディソープ

 

日焼け止めの洗い残しは肌荒れの原因にもなりますので、いつものバスタイムで簡単に優しく落とせるものを選ぶのがよいでしょう

 

ここで注意したいのが、顔に塗った日焼け止めを落とす時です。

 

日焼け止め自体は石鹸で落ちても、その上に普通のファンデーションやアイシャドーを塗っている場合はいつも通りのクレンジングが必要になります。
このクレンジングはお化粧を落とすためのものです。

 

「石鹸で落ちる」ことを意識しすぎていると、ついうっかり…ということもあるので気をつけましょう。

 

もし、顔も簡単に石鹸だけで洗い流したいという時は、石鹸で落とせるタイプのファンデーションやポイントメイクに変えてください。

 

石鹸で落ちるタイプのお化粧品はカバー力や発色が少し弱いものが多く、今までしっかりメイクをしてきた方には物足りないと感じるかもしれません。
しかし、お化粧をしているのに石鹸だけで洗顔できるというのは気分的に良いものですよ。

 

まとめ

SPF50の日焼け止めを選ぶ時は、次の2つがポイントです。

 

@汗・水に強いウォータープルーフのもの
→普通の日焼け止めは海水浴や炎天下でのレジャーで汗をかいた時にすぐ落ちてしまいます。

 

 山や海は特に紫外線が強いので落ちにくいウォータープルーフを選びましょう。

 

A石鹸やボディーソープで簡単洗浄できるもの
→専用クレンジング剤は肌を傷めたり全身を洗うのは大変です。

 

石鹸やボディーソープで落ちにくいウォータープルーフを簡単に洗い流せれば、お肌のケアもばっちりです。