紫外線吸収剤の種類

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し肌に届く前に外へ逃がすことで紫外線をブロックしています。
紫外線吸収剤の種類はさまざまありますが、紫外線吸収剤入り商品の約75%に使用されている代表的な3つをご紹介します。

 

t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

UV-Aを吸収する数少ない吸収剤のひとつです。
薄黄色〜黄色の粉末状の物質です。

 

メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

UV-Bを吸収します。
淡黄色の液体でわずかに特有のにおいがあり、粘り気もあります。

 

オキシベンゾン-3

UV-AとUV-Bの両方を吸収します。
白〜淡黄色の粉末でSPF数値の高い日焼け止めによく配合されています。

 

この他にも下記のようなものもあります。
・オクチルトリアゾン
・メトキシケイヒ酸オクチル
・ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル
・ジメトキシベンジリデンジオキソイミダゾリジンプロピオン酸オクチル

 

ちなみに、紫外線吸収剤は厚生労働省「化粧品基準」によって製品100gあたりに使用できる量が決まっています。
有機物を含んでいる成分が多いので人体への刺激があるためです

 

紫外線吸収剤のメリット

@紫外線のブロック力が強い

ブロック力が紫外線散乱剤より強く、SPFを高くするのには欠かせないものです。

 

A白浮きしない

紫外線吸収剤は無色透明なので、日焼け止め特有の白浮きがありません。

 

B塗った時の伸びが良い

伸びが良くなめらかな塗り心地です。
べたつきや肌がきしむ感じは紫外線散乱剤が原因となっています。

 

デメリット

@肌への刺激が強い

日焼け止めを塗って肌荒れをする方の大半はこの紫外線吸収剤が原因と言われています。
紫外線ブロック力が高いぶん肌への刺激も強いのが残念な点です。
肌荒れが気になる方は我慢して使用せず、紫外線吸収剤不使用の「ノンケミカル」商品を試してみることをおすすめします。

 

Aこまめな塗り直しが必要

紫外線を吸収し外へ逃がすという作業には紫外線吸収剤自身で化学変化を起こすことが必要です。
化学変化を起こすことによって分子レベルで構造が壊れてしまうため、紫外線ブロック力が損なわれてしまいます。
紫外線ブロック力が損なわれると日焼けしてしまうので、こまめな塗り直しが必要になります。

 

紫外線散乱剤の種類

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させることで肌を紫外線から守ります。
紫外線散乱剤の種類は主に2つです。

 

酸化チタン

おしろいやファンデーションには欠かせない白色顔料です。
酸化亜鉛よりUV-AやUV-Bを反射させる効果が高いことが特徴です。

 

酸化亜鉛

透明感のある白色顔料です。
制汗作用や消臭効果・消炎効果・抗菌性もあるため日焼け止め以外にもボディーパウダーやデオドラント製品にも使われます。

 

紫外線吸収剤で肌荒れする方が多く、その場合は紫外線吸収剤不使用のノンケミカル商品(つまり、紫外線散乱剤のみを使用した日焼け止め)が良いとご紹介しました。
しかし、紫外線散乱剤に使用される酸化チタン・酸化亜鉛にも少し心配な点があります。

 

それが “光触媒作用”です。
光触媒作用とは、光によって有機物を分解する作用のことで肌への刺激につながります。
ですので、一概に「ノンケミカルだから安心!」とは言えません。

 

しかし、この光触媒作用による肌への刺激を減らすための努力を行っているメーカーさんもあります。
酸化チタン・酸化亜鉛の表面をシリコーン・シリカ・水酸化アルミニウムで処理することで光触媒作用を抑えることができるのです。

 

紫外線散乱剤のメリット

@肌への刺激が弱い

紫外線散乱剤に使う酸化チタン・酸化亜鉛が無機物のためです。
刺激が強い紫外線吸収剤は有機物が多いです。

 

AUV-AとUV-Bの両方を反射する

紫外線吸収剤とは違いUV-AとUV-Bの両方に効果があります。
紫外線吸収剤は種類によってUV-AとUV-Bのどちらか片方だけの効果になるものもあります。

 

B効果が長持ちする

紫外線吸収剤とは違い紫外線散乱剤は自身で化学変化を起こしません。
そのため構造が壊れないので紫外線ブロックの効果が長持ちします。

 

紫外線散乱剤のデメリット

@紫外線防止効果が弱い

紫外線吸収剤とは違い紫外線ブロック力が弱いです。

 

Aつけ心地が悪い

酸化チタン・酸化亜鉛は金属類なので、伸びが悪くなります。
また、べたつき・きしみの原因にもなります。

 

B日焼け止め特有の白浮きの原因

白色顔料を使っているため、塗った時に白浮きしてしまいます。

 

つけ心地の悪さ・白浮きの改善のため紫外線散乱剤の“ナノ化”が進んでいます。
通常は200〜300nmの大きさを50nmまで小さくすると、可視光線を反射しにくくなるので白く見えなくなり白浮きがなくなります。
また、日焼け止めの質感がやわらかく伸びやすくなるのでつけ心地も改善されます。

 

良いことだらけのナノ化に思われがちですが、今のところ人体への安全性が不透明です。

 

ナノ化しサイズが小さくなったことで肌の奥深くへ入り込んでしまう心配や、万が一肌の奥深くへ入った時の安全性が懸念されています。

 

さらに、塗っている時に口や鼻からの呼吸でナノ粒子が肺や気管に入った場合の安全性など多方面で心配の声が出ています。
一部の方面では試験が重ねられていますが、まだ全ての安全性が証明される段階には至っていません。