日焼け止めの消費期限はワンシーズン!

気になる日焼け止めの使用期限ですが、一度開封してしまったものはワンシーズンで使い切りましょう。

 

太陽と手

 

変な臭いがしたり、分離しているなど、変質が疑われるときには使わないほうが安心です。
日焼け止めには防腐剤が入っています。しかし、防腐剤は万能ではなく、使用期限を過ぎてしまった防腐剤の効果は期待できません。

 

また開封してしまうと雑菌が繁殖しやすくなってしまうため、使用期限内であってもワンシーズンを過ぎてしまったものは使わないほうがよいです。

 

雑菌が繁殖しているなど変質してしまったものを肌に乗せるとトラブルの原因になります。

 

未開封の場合でパッケージに使用期限が記載されていない場合には、三年程度は大丈夫です。
薬事法の関係で、三年程度持つものであれば、使用期限の表示義務がないからです。

 

オーガニックの日焼け止めの場合はもっと短い!

無添加の日焼け止めの場合には、防腐剤や殺菌剤が入っていないため、使用期限は短くなります。

 

オーガニックマーク

 

未開封の場合には一年以内、開封したら六ヶ月程度が目安となります。製品に使用期限が書いてある場合には、
その期限内ということになります。オーガニックやノンケミカルなど、無添加の日焼け止めの場合には、
しっかり確認しておきましょう。

 

消費期限内でもこんな状態の日焼け止めは気を付けて!

期限内であっても、状態によっては使わないほうが良い場合もあります。

 

中身が固まっていたり、分離していたりするときには注意が必要です。二層タイプでもないのに分離してしまっているようなものは注意しましょう。

 

容器を振っても混ざらないような場合には、使わないほうがよいです。

 

保管していた日焼け止めについては、状態をチェックしてから使うようにしましょう。中身が固まって
しまっているような場合も使わないほうがよいです。

 

雑菌が繁殖しているようなものや、酸化が進んでしまっているようなものを肌に塗ってしまうと
ニキビや吹き出物といったトラブルや肌の老化が進むといった心配が出てきます。日焼け止め
としての機能も低下していることが考えられますので、使用期限が過ぎてしまったもの、傷んで
しまったものは使わないようにしましょう。